バッテリーは早めの交換をおススメします
バッテリーとは
バッテリーとは、車のエンジンを動かすのが最大の役割です。電気系統機器への電力供給もしています。
交換目安
2年~3年(使用状況により異なる場合がございます。)
交換しないと・・・
エンジンがかからなくなるので車を動かせません。

●ロードサービスに関して
バッテリーあがりの際にケーブルにつないで一時的にエンジンを始動させる補助的サービスです(補充電等は含みません)。
万一、エンジン始動ができない場合には10kmまでの無償搬送(レッカー)サービス付きです。
Q.バッテリーっていつ寿命がくるの?
A.3~5年です。兆候なく突然切れてしまいます。
乾電池に例えると・・・
今のバッテリーは昔のバッテリーのように徐々に暗くなるのではなく、ずっと明るいままで寿命になったら突然切れてしまいます。

Q.いつ換えればいいの?
A.3年ごとの交換がおすすめです。
●バッテリーの寿命は3~5年です。実際にその間に交換している人が最も多いです。
●バッテリーが切れてしまったらエンジンも掛からないので、ロードサービスを呼ぶしかありません。バッテリー代よりも高い出費になってしまいます。
●バッテリーを交換しないままずっと乗り続けることは出来ません。せっかく交換するなら、新しいバッテリーを長く使った方が経済的です。

Q.ハイブリッド車もバッテリーの交換が必要なの?
A.必要です。
●ハイブリッド車はモーターを動かすメインバッテリーの他に、始動や電装用に補機バッテリーが搭載されています。
●交換は3~5年が目安です。
●従来車のバッテリーはボンネット内に搭載されています。
●ハイブリッド車の補機用バッテリーは車室内に搭載されています。
●車室内に搭載される為、バッテリーから発生するガスを車外に排出できる専用品の搭載が必要です。

Q.アイドリングストップ車のバッテリーの寿命は?
A.3年です。
●バッテリーに一番負荷が掛かるのはエンジンの始動時です。
●アイドリングストップ車は停止・再始動を繰り返す為、従来車よりも負荷が掛かり、寿命も短いです。